50代主婦が気になる体調や家族や仕事そしてペットなんかの雑記ブログ

主婦も50代近くなると気になるのが体調や家族、仕事の事ではないでしょうか?ペットロスになったり子宮内膜症で手術をしたり、職場が上手くいかなくなったりとあれこれと悩みは尽きないもの。当たり前の毎日の中にある悩みをあれこれとゆる~く書いていきたいと思います。同じ世代の女性の皆さんが抱える悩みはきっと誰もが抱えているはず!適当でいい加減な主婦のまったりブログです。

50代まで子宮内膜症を治療せず放置していたらどうなっていただろう?

こんばんは、50代で子宮内膜症のチョコレート嚢胞を手術した主婦、ゆぅです。

f:id:asupeshougai:20180509212748j:plain

私は30代で一度内膜症を手術したのですが、再発。

 

そこから定期的に病院には行っていましたが、殆ど放置していた状態でした。

 

しかしもし、全く病院に行ってなかったら・・・

 

30代後半で子宮内膜症の痛みが現れ病院に行きました

全く痛みがなく、偶然市や町の検査で見つかったというお話を聞くとかなり羨ましいと思ってしまいます。

 

何故なら私の場合は痛みから始まり、激痛に代わり、救急車で運ばれるほどの痛みで苦しみまくったから(;^_^A

 

petloss.hatenablog.jp

なので放っておくという事なんて出来なかったのですが、今回手術するまでに婦人科に通院していた期間は約15年程。

 

病院で何をしていたか?と聞かれれば、様子を見ていただけという(笑)

 

内膜症が大きくならなければ放置していても問題はない

今回5センチになったのが理由で手術に至ったのですが、それまではずっと3センチをキープしていました。

 

もし今でも3センチだったなら生理が終わるまで何もしなかったと思うのですが、いきなり大きくなり、痛みも激しくなったので仕方がなく・・・でした(-_-;)

 

お医者さんに行っても様子を見るだけで、大きくならなかった約15年の間は

 

「今回も大きくなってないので次は半年後に来てください」

 

言われるのはこればかり。

 

大きくなるかならないか?と悪い物に変わっていないか?を見るだけだったので、治療というような事をした訳ではなくどちらかと言えば放置です。

 

生理痛が酷くなったり不正出血があれば病院に行こう

激痛で救急車で運ばれた時、その日はあまりの痛みで1日だけ入院したのですが、それだけで帰らされてしまいました。

 

過去にディナゲストというホルモン治療をしたようなのですが、それ以外に何かをしたという記憶がないので、病院に行っても様子見しかないのかもしれませんね。

 

ただ生理痛が酷くなり始めてからチョコが大きくなり始めたので、もしいつもと違うなと思ったならやっぱり病院い行くのがおすすめですよ!