50代主婦が気になる体調や家族や仕事そしてペットなんかの雑記ブログ

主婦も50代近くなると気になるのが体調や家族、仕事の事ではないでしょうか?ペットロスになったり子宮内膜症で手術をしたり、職場が上手くいかなくなったりとあれこれと悩みは尽きないもの。当たり前の毎日の中にある悩みをあれこれとゆる~く書いていきたいと思います。同じ世代の女性の皆さんが抱える悩みはきっと誰もが抱えているはず!適当でいい加減な主婦のまったりブログです。

50代の主婦が子宮内膜症で痛かったのは生理痛と排卵痛と排便時痛

50代の主婦、ゆぅです!

f:id:asupeshougai:20180430174200j:plain

私が子宮内膜症の最初の手術をしてから16年後に再発した内膜症の手術を行う事になったのですが、それまでに伴った数々の生理痛と排卵通と排便時痛の事を書いてみたいと思います。

 

何よりもかなりの激痛を伴う事が一番多かったのですが、手術をする数か月前からは最悪なQOLでした(-_-;)

 

30代から50代まで子宮内膜症に伴った生理痛(月経困難症)

最初に卵巣を取ってから5年程で再発。

 

おかしいな?と思ったキッカケはやはり生理痛(月経困難症)でした。

 

この痛みは楽になる事はなく年々酷くなる一方で、1年程前からは排卵痛まで起こるようになり1ヵ月の間で痛み止めを飲まない日がなくなってしまったのです。

 

また、これは多ければ月に1度の症状なのですが、お腹に一瞬で激痛が走り身動きが取れないほどの痛み!!

 

これが本当に辛くて、一度なると歩く事はおろか横になっていても痛くて痛くて(´;ω;`)ウゥゥ

 

一週間程かかって楽になるのですが、原因は不明です。

 

突然起こった排卵痛で痛み止めを手放せなくなる

それまでも時々チクチクと痛んでいた排卵。

 

タイミングを見ると排卵時に当てはまっていたので軽い排卵痛があるとは思っていたのですが、これもある日を境に激痛に代わっていってしまいました。

 

なんでだろう???

 

最初の頃は生理の時よりはマシだったのですが、それが逆転してしまいこっちの方が痛くなっていったのです。

 

この時期は生理1~3日までは痛み止めを1日4回、それ以外は1回か2回だったのですが、排卵日前後も1日4回服用するようになるという・・・

 

内膜症と腸が癒着していないのに痛かった排便時痛

また、手術の結果を聞くと腸との癒着はなかったのですが排便時痛もありました。

 

初回に手術をした時は生理前になると排便時がかなり激痛で毎回苦しんだ思い出があります。

 

しかし今回は少し違っていて、ものすごい激痛が襲ってくるのですが、これはどうも腸の中を便が動いているみたいな感じ。

 

移動して出てしまうと痛みがなくなってしまうという不思議な現象でした。

 

痛みが激しいと言われる子宮内膜症ですが、そう考えると痛くない日がなかったような(-_-;)

 

手術した今、術後1カ月が経過していないのもあり時々痛みはあるのですが薬を服用するまでではないので、結果的には取って良かったんだと思っています。