50代主婦が気になる体調や家族や仕事そしてペットなんかの雑記ブログ

主婦も50代近くなると気になるのが体調や家族、仕事の事ではないでしょうか?ペットロスになったり子宮内膜症で手術をしたり、職場が上手くいかなくなったりとあれこれと悩みは尽きないもの。当たり前の毎日の中にある悩みをあれこれとゆる~く書いていきたいと思います。同じ世代の女性の皆さんが抱える悩みはきっと誰もが抱えているはず!適当でいい加減な主婦のまったりブログです。

50代主婦が子宮内膜症で開腹手術!再発したチョコレート嚢胞

50代の主婦ともなると様々な体調不良があるのは仕方がありませんが、先日チョコレート嚢胞と呼ばれる子宮内膜症で手術しました(-_-;)

f:id:asupeshougai:20180427160922j:plain

最近は若い女性でも発病しやすいと言われていますが、実は二度目。

 

そう、再発してしまったのでした。

 

50代の主婦が子宮内膜症の手術に踏み切ったキッカケ

最初に手術をしたのが30歳の頃。

 

高校生の頃から生理痛が激しくその後出産を経験したのですが、生理痛が日に日にひどくなり、ある日救急車を呼ぶまでになってしまいました。

 

初めて言われた病名が「子宮内膜症」

 

この頃はまだ若く、何よりも痛みを取ってくれればそれでいい!!なんて気持ちで手術したのでした。

 

術後はあれ程の激痛を伴っていた生理痛が一切なくなり

 

「こんなに実は楽だったのね!」

 

なんて思ってたのですが、その5年後に再発。

 

延ばし延ばしでずっと3センチをキープしていたのですが、昨年末に5センチに!

 

そして言われたのが

 

「次回来る時には手術日を考えておいてくださいね。」

 

再発しやすいと言われるチョコレート嚢胞

実は再発するだなんて知らなくて(;^_^A

 

「これって新しく病気になったんですか?」

 

と聞くと

 

「多分再発だと思われます。」

 

そうなんです、色々と調べる限りではかなりの確率で再発するんだとか。

 

子宮内膜症で生理痛がひどく毎日痛み止めを飲む

今年に入り痛み止めを飲まない日がなくなってしまう程、毎日毎日が痛くて・・・

 

「閉経するまで数年だから切らない!」

 

なんて言ってられなくなり、結局手術する決意をする事になったのでした。

 

今日は術後初めての診察で、退院前は肝臓の数値が悪かったのですが問題なしとの事。

 

一つの不安が消えたので、子宮内膜症で手術するか迷っている人の参考になればとブログを書いてみたいと思います。