50代主婦が気になる体調や家族や仕事そしてペットなんかの雑記ブログ

主婦も50代近くなると気になるのが体調や家族、仕事の事ではないでしょうか?ペットロスになったり子宮内膜症で手術をしたり、職場が上手くいかなくなったりとあれこれと悩みは尽きないもの。当たり前の毎日の中にある悩みをあれこれとゆる~く書いていきたいと思います。同じ世代の女性の皆さんが抱える悩みはきっと誰もが抱えているはず!適当でいい加減な主婦のまったりブログです。

猫のペットロスで何もする気がおきなくても仕事は続けた方が良い理由

猫の突然死でペットロスになってから12日。

f:id:asupeshougai:20180423211544j:plain

何もする気がおきず、食事もあまり喉を通らないのですが仕事だけは淡々と行っています。

 

本音で言えば仕事なんて手につかず、辞めたい・・・

 

しかし何もせず家に居続けてたらもっと辛い日々を過ごしていたかもしれないと考えると、何かしている方が気持ち的に少しマシかもしれないと思えるようになりました。

 

猫のペットロスで何もする気がおきない

大切な愛猫を失ったのですから、気力や精神力なんてどっかにいっちゃいました。

 

ずっと飼い主さんが塞ぎこんでるとペットが天国に行けない・・・

 

そんな言葉を聞いても虚無感がなくなる事はなく、最初の1週間は本当に毎日が辛かった。

 

家事も最小限、掃除なんて全く手つかず、だけど唯一していたのが仕事。

 

もしこれがなかったら今でも悲しみのどん底にいたような気がします。

 

愛猫の突然死でも仕事を続けた方が良い私なりの理由

テレビを見てもお風呂に入っても、考えるのはねこのちぃ君の事ばかり。

 

もしあなたも大切なペットを亡くしたばかりなら同じなのではないでしょうか?

 

寝ても覚めても頭から離れない一緒に過ごした時間はもう戻ってこない・・・

 

考える事がかなりマイナス思考で、それ以外は考えられないんですよね。

 

でもどうしても仕事も休めず嫌々ながらに行ってたのですが、自宅にこもっているよりも少しは考える事があるからか、職場にいる間だけは一瞬だけネコの事を忘れる事が出来ます。

 

家に帰ると悲しみの海にいるかのような感覚になってしまいますが、何かしなければならない事があると少しはマシになるみたい。

 

だから、本当なら職場になっていけるような精神状態じゃなくても、やっぱり休まずに行った方がいい。

 

例えちょっとでも一瞬でもいいから悲しさから離れられる時間・・・無理矢理に作ってくれるから仕事は休まず続ける方が良いのではないかと思いました。